温泉の効用

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sancha.areablog.jp/kprblol0127y

結婚を躊躇させる不安要因

結婚に対する不安には、結婚できるのか、一生独身で結婚できないのではないか、結婚してもうまく生活できるかなどの不安で、なかなか結婚に踏み切れないという悩みがよくあります。


昔は、適齢期であれば、結婚していなければ変人扱いで、両親や近所からも心配されて、お見合いや紹介で結婚を強制されておりました。
しかし、今日では、ライフスタイルの多様化に伴って、男性も女性も、独身の人が増えてきております。また、恋人はいても婚姻届けを出さない人、結婚しても子供を作らない人、生涯独身を貫く人など様々な生き方があります。



人は、選択肢が多いほど迷いや後悔することが増えて幸福度が下がるといわれております。


昔のように、適齢期になれば、絶対に結婚しなければいけないという価値観で統一されていた時代のほうが、選択肢は少なく、簡単に結婚に踏み切ることができたため、幸福度が高かったのかもしれません。



結婚時に最も頭を悩ませるのが両親と同居するケースでしょう。血の繋がりがなく、世代も考え方も違う義父母と同じ屋根の下に住むことによるストレスは大変なもので、結局は、配偶者ではなく、義父母との関係がこじれて離婚に発展することが頻繁にあるようです。



金銭的な不安も大きいものがあります。今の日本では、30代で年収400万円の男性は3割いるかどうかだと言われております。



公務員か一流企業、ベンチャー企業経営、自営業で成功でもしない限り、いくら年をとつても、大幅な増収は期待できません。



このため。子供を育てながらマイホームを持とうとすれば、共働きをして頑張るしかありません。質素倹約で身の丈に合った生活をするという当たり前の覚悟が必要です。



金銭感覚が合わないと、不仲の原因になり、それが離婚に繋がります。浪費家、金遣いが荒い、ギャンブル好き、借金まみれ、大酒飲みの男性は特に要注意です。



また、転勤族だと引っ越しの回数が多いため、不安を感じてしまでしょう。新しい場所に住むとなると慣れるまで大変だし、繰り返される引っ越しのストレスに耐えられるか心配でしょう。



もっと深刻なのは、リストラや倒産などによって仕事を失うことでしょう。今時の世の中、転職はそう簡単ではなく、特に、中高年の転職はよほどの特技がない限り難しいと言われているから、将来の安定した生活にも希望を持つことは難しいものがあります。



その他、同じ世代同士であれば、価値観にそれほど違和感はありませんが、親子ほど年が離れていると、結婚後に後悔する人の割合は結構おおいようです。


遠距離恋愛の復縁


結婚
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sancha.areablog.jp/blog/1000075740/p11663706c.html
婚活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉の効用について紹介
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 3589
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック