温泉の効用

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sancha.areablog.jp/kprblol0127y

安全のため監視カメラは必要です

犯罪の増加に伴い、マンションや集合住宅だけでなく、最近では、戸建て住宅にも監視カメラを設置するケースが増えております。


しかし、設置台数と設置場所によっては、その効果は大きく違ってきます。



マンションにおいては、出入口に1台設置するところが多いようですが、これだけでは防犯効果は余り望めません。



最低限、建物の外周、駐車場、非常階段、エレベーターなどには設置が必要です。また、戸建て住宅の場合は、玄関に限らず、外周や車庫にも設置しましょう。



設置する機器は、録画可能なデジタルビデオレコーダーやデジタルビデオレコーダーが付属しているのが良いでしょう。


これは、犯罪時の証拠品になるため、犯人は監視カメラに自分の姿が映る遺留品を最も嫌うからです。監視カメラが設置されたマンションや一般住宅にはまず、近づきません。



事務所や商店などでは、いくら防犯対策をしても、従業員や納入業者など内部の人間によって現金や商品が盗まれてしまう事案が多くあります。



犯人を特定するためには明確な証拠が必要ですが、それには、カモフラージュカメラで犯行現場が写っている映像が一番です。



設置には、表面に出るのは僅か2〜3mmのレンズのみでカメラの存在がわからないようにします。コノタイプは、通常、レンズ交換が出来ないため、設置場所によっては撮影できる範囲が限られ死角ができやすいという欠点があります。



カメラ本体は、天井や壁に埋め込んだり、あるいは絵画や電気器具などに偽装したりして監視します。


屋内に防犯カメラを設置


監視カメラ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sancha.areablog.jp/blog/1000075740/p11606870c.html
防犯 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉の効用について紹介
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 3370
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック